ドール連れずに山歩き

 

 

こんばんは♪

 

いつもアクセス・拍手、コメント

バナークリックありがとうございます~☆

 


 

 

今年2回目の更新です~

 

快調なすべり出しのように見えますが

実は大晦日にを出してしまい、以降布団で過ごす日々・・

今日になってようやく熱下がりました。

元々予定を入れずゆっくり休むつもりでしたので

不幸中の幸いではあるのですが(^^;

 

 

 さて、気分を変えましょう~

 

今回はドールではなく、近所の山を歩いてみたレポートです。

そこそこボリュームがありますので

興味のある方だけ見ていただければ・・☆

 

 

 

2017.1.3a

 

 

この山を歩いたのは去年の年末、クリスマスを過ぎた辺りでした。

 

根っからの山好きというわけではないので

近所にこんな山があっても眼中になかったりするのですが

ふとこの山を思い出し、ひとつ行ってみよう

となりました。

 

自宅から山のふもとまでは歩いて30分足らずです。

メチャクチャ近いです。 

 

標高は目測で200mくらいかな~

ヤフー地図で下調べすると山道は途中まで書かれてたので

ひとまず山には入れるようです。

 

ただ、山の名前がこの時点で不明でした。

 

 

 

 


 

 

1面(スタート)

2017.1.3b

 

地図で事前に確認したとおり、菩提寺公園という

公園を抜けて登るルートを取りました。

 

 

ちなみに、

先に進むほど道が険しくなっていったので

記事は全6面のゲームに例えてみました。

 

ではそのムリゲーっぷりをご堪能下さい(笑)

 

 


 

 

2面

2017.1.3c

 

シューティングゲームお約束の「幾何学模様!?」

 

おびただしい数のベンチが集まる様子は一瞬

不気味でしたが、すぐに理解できました。

 

15台あるベンチに3人ずつ座れば45人。

きっと自然学習とかをするための場所なんでしょうね。

 

 

 


 

 

3面

2017.1.3d

 

第3面は「グラフィックで魅せてくる」

 

整備されてる感がもっとも出ているエリアでした。

真冬+曇天という悪コンディションながらも美しさがあります。

季節ごとにどんな眺めが見られるか楽しみ♪

ドールさんを連れてくるにも良さそうです。

 

ちなみにこの3面で

山の名前が「菩提寺山(ぼだいじさん)」と判明!

 

 

 


 

 

4面

2017.1.3e

 

4面に入ると、世界が変わり・・

 

ムリゲーの片鱗を見せ始めます。

 

 

明らかに人里離れた感が出てくるので

ちょっと身構えてしまいますね・・

 

不審者とか出たらどうしよう!?という思いも

脳裏をかすめつつ・・

 

 

茉莉花「大丈夫ですよ。

    今のmocchiさんが不審者そのものですから」

 

おお、なるほど!     

 

 

 

2017.1.3f

 

途中、このようにコンクリート舗装された道もあり

ホッとするのですが、このあたり

傾斜がかなりきついです~

 

 

 

 

2017.1.3g

 

着いた先は・・一見、

行き止まりのように見え広い空き地でした。

 

 

「なるほど、ここで終わりなのね」

 

と思いましたよ、最初は・・

 

 

 

しかしそうではなかったのです!

ヽ(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

ちなみに上の写真の中央部分を撮ったのが

下の写真ですが・・

 

2017.1.3h

 

見るからに危なそうな山道が

こっち見てます(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

「ここからが本当の地獄だ」

 

 

さすがにこの光景を目にすると、撤退も視野に

入れねばなりません。

 

 

行くか戻るか、しばらく考えてみることにしました。

 

 

 

2017.1.3i

 

登山道脇に置かれている

木の枝で作られた謎マーキングも緊張感を高めます。

いったい何を意味するのか・・

 

帰宅後に調べてみたのですが判らず・・

(判る方いらっしゃいましたら教えて下さい~)

 

 

 

 


 

5面

2017.1.3j

ぬおおおおおおおお!

 

 

検討の結果、

体調が良いこと。まだ暗くなるには時間があること。

ドールや荷物を抱えておらず身軽であること。

以上の点を踏まえて、この先もちょっと覗いてみることに

しました・・

 

しかし地面のデコボコと傾斜のきつさが

今までとは比較になりません!

 

 

 

 

2017.1.3o

 

 

登山道の左手に石垣が連なっている場所があって

ちょっとビックリしました。

画面奥にも石垣群が拡がっています。

 

このときは「ここに昔何かあったんかな~」程度で

済ませたのですが、帰宅後ネットで見た情報によると

織田信長勢によって壊滅させられた寺院の跡、だそうです。

 

 

家の近所でもそんな出来事があったとは・・

 

 

 

 


 

6面(ファイナルステージ)

 

2017.1.3k

 

いよいよ最終面に突入です!

 

5面とはまた世界が変わりまして、今度は

岩との闘いなりました!

 

この岩など、モアイ像がこっちに向かって飛んでくる

あのゲームを思わせます。

しかしこの限りなく平行な10cmほどのすき間は

すごいですね・・

 

 

 

 

 

 

2017.1.3l

グハアアアアア!!

 

 

展望スポットに着くまでに

こんな難所が3ヶ所ほどありました。もはや

山登りというか、岩のぼり!?

 

ここまでくると、手も使って

這うようにしないと怖くて進めません・・

が、登山のベテランの方から見れば

これも普通の山道なのかもしれないですね~

 

ひとつ良かったと思ったのは、傘を持ってきていた

ことなんですよ。今にも降りそうな天気でしたので・・

この傘が最終面ではストック代わりとして

本当に頼りになりました(*´∀`*)

 

 

 

 


 

 

 

~エンディング~

 

2017.1.3m

 

 

さて、エンディングです。

 

ここは頂上の少し手前にある「展望岩」と呼ばれる眺望スポット。

雨がパラついてきたこともあり、今回は

頂上まで行かずここで引き返すことにしました。

 

自分の住んでいる町を高い位置から見るのは

初めてになるのですが・・うーん・・正直、

ちょっと残念感がありました(笑)

のどかな場所なのにのどかな感じがしないというか・・

この一帯に住んでる人って5千人?それとも1万人?

そりゃ交通量がすごいわけだ。

 

そして、低く垂れ込める暗雲も閉塞感を高めます。

 

特に冬場は滋賀って曇りや荒天の日が多いんですよね~

神戸、大阪、京都、名古屋が晴れている日で

滋賀だけ降ってるケースも多々ありまして・・

もうちょっと日照が欲しい。

 

 


 

さて今回の菩提寺山、山歩き中は誰とも出会わなかったので

ドールさんを連れてくるには意外にいい場所かもしれません。

道中、落ちてるゴミを見かけなかったことも

地元に愛されてる感があって良かったです。

 

道が荒ぶっているのは整備にお金が掛けられない

事情だと思うんですが、それでも頑丈なロープが張ってあったりして

少しでも安全にという配慮が感じられた山でした♪

 



にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

熱下がりますたか~!
よかったどす~!

フラリエ野撮、がんばりすぎでしたかねぇ・・・

山で遭難しないようお気をつけて~!
しかし、岩だらけですな(笑)

へクター’87クリアしますた??(笑)
 (*´ω`)ノシ ズビビ

お返事です♪

99さん、こんばんは♪

お騒がせしてます~!
山歩きで体調を整えるつもりが、逆に
体力消耗しちゃったのかもしれないですねぇ(^^;

頂上付近の難易度がものすごかったです。
こんな山がほんの近所にあったんですよ。

ヘクター難易度高すぎ~!
1面クリアがやっと・・2面の前半で終了(笑)

No title

謎の枝は
「登る際どうぞ使ってください」と思いますけど・・・
アレが置いてあるということは
ココカラ先、急斜面アリ
ってことが多いですね(笑

お返事です♪

jajaさん、こんばんは♪

今年もよろしくお願いします(*´∀`*)

枝・・なるほどそういう意味でしたか!
確かに大きさがちょうどストックサイズですね。
教えていただいて助かりました・・☆
sidetitleプロフィールsidetitle

mocchi

Author:mocchi
 『ローゼンアキラさん』にようこそ♪
DDSアキラのお迎えをきっかけに本格的に沼にハマり
以来癒されつつも悪戦苦闘中のドール者です。滋賀在住。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR